スタッフインタビュー

Staff 
interview

宮野 康貴

Koki Miyano

楽器事業部 楽器査定員

楽器事業部で働く私の
1日の仕事の流れ

10:00 お客様のご自宅にて査定業務開始
13:00頃(案件次第) 昼食
17:30 10件前後訪問させていただき査定業務終了
18:00 買取・お引取りした商品を事務所に戻り荷降ろし
19:00 帰宅

最後にチーム内で共有事項、今月の粗利目標進捗を確認し、一日が終わりになります。業務終了後に、その日に査定をさせていただいた方たちが、満足していただけたかをを振り返り、良い点や悪い点などを考える時間を作っています!

どれだけお客様の
気持ちになって考えているか

今までこの仕事を通じてとても印象深い出来事があります。
一度、お客様のご希望に添えず、不成約となってしまった案件でしたが、後日他社様よりも応対が良かったとの事で、成約になったことがあります。
そちらのお客様が大事に使われていた、ギターの査定を行い、様々なお話を聞かせていただきました。お客様が購入されてから15年ほど大事に使用されており、思い出が沢山あったそうです。お客様が大事に使っていたギターを、私たちが責任を持って、次の大事に使って頂けるオーナー様にお届けするというお話をさせていただきました。金額の折り合いがつかず一時的には不成約になってしまいましたが、お客様に寄り添い、お客様の気持ちになって考えることができたからこそ、今回のような形に繋げることができたのだと思います。

僕の座右の銘は
学問に王道なしです。

当社では、流れ作業やルーティンワークなどはある程度テンプレートになっている部分があります。テンプレート化されていると効率的に進むことも多くあります。しかし、すべての仕事がテンプレート化はでき無いと考えております。私たちは日々様々なお客様と対話をして楽器の買取をさせていただいております。楽器の知識はもちろん、お客様が何を求めているのかを汲み取る能力も必要になってきます。ひとつのことを学ぶのではなく、楽器買取のプロとして必要な知識の習得や、現場を通しての学びを日々続けています。
この様々な学びを通じて自分がスキルアップすることで、最終的にはお客様の満足感に繋がると感じています。これからもお客様に喜んで頂けるよう、日々学びを続けていきたいと思います。

Other Interview その他の社員インタビュー

一覧

Top